お金と時間の節約を。
10:00~19:00(月~土)

税理士のワークスタイル

おはようございます!
姫路市西庄で税理士をやっている秀平和康(ひでひらかずやす)です。
今日は税理士のワークスタイルについてお話していきたいと思います。

始めに

先週のブログで、秀平は独立開業をしたと書きました。
税理士には様々なワークスタイルがあります。
これから税理士を目指したい人、今とは違うワークスタイルの税理士のなりたいという人に向けて、簡単に税理士のワークスタイルを紹介したいと思います。

税理士のワークスタイル

税理士のワークスタイルは主に下記三つとなります。

  1. 独立開業
  2. 税理士法人所属
  3. Uターン・地方勤務

順に説明します。

1.独立開業

自分で事務所を持ち、自分の流儀で、自由に働くことができます。

努力に見合う成果を上げることができますが、最新知識の取得やサービス向上、新規の関与先の獲得に向けた努力を全て行なう力が必要です。

2.税理士法人所属

組織力のある税理士法人で働くことで、スキルアップが可能です。

幅広い業務に関わり、自己研鑽できますが、後輩の育成を行なったり、自分の専門分野を確立する努力が必要です。

3.Uターン・地方勤務

士業である税理士は、全国どこでも働くことが可能です。

出身地での勤務や、希望の土地の法人への入所など、さまざまな選択が可能ですが、地方性を理解し尊重する力が必要です。

最後に

税理士には様々なワークスタイルがあります。
秀平自身も、独立開業という道を選びました。
税理士はとてもやりがいのある仕事です。
自分にあったワークスタイルを選びましょう。