お金と時間の節約を。
10:00~19:00(月~土)

事業承継のメリット・デメリット

おはようございます!
姫路市西庄で税理士をやっている秀平和康(ひでひらかずやす)です。
今日は事業承継のメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

始めに

先週の記事で事業承継の種類についてご紹介しました。
そこで今回は事業承継の種類別のメリット・デメリットについてご説明したいと思います。

事業承継のメリット・デメリット

親族内承継(子息等に承継する)

メリット

・従業員や取引先の関係者に受け入れやすく、資金提供者の支援を得やすい
・準備期間を長く確保でき、長期的な後継者教育が可能
・財産や株式が分散せず、所有と経営の一体的な承継が可能

デメリット

・後継者の経営者の能力が不足している場合、後継者を育てる必要がある
・後継者以外の親族との間で資産や遺産をめぐるトラブルが起きる可能性がある

親族外承継(自社役員・社員に承継する)

メリット

・優秀な人材を社内から選ぶことができる
・事業の利益好転が期待できる
・現在の経営方針や人事制度に沿った引き継ぎが可能

デメリット

・関係者の理解と同意を得るために時間がかかることもある
・社内で権力争いが起こる可能性がある

M&A(第三者企業に承継する)

メリット

・後継者の候補者を外部から広く求めることができる
・資金力のある企業に買われることで経営の安定が見込める
・現経営者は会社売却の利益が得られる

デメリット

・希望条件を満たす売却先を見つけるのが困難
・経営の一体性を保つのが難しい

最後に

事業承継には種類別に様々なメリット・デメリットがあります。
前もって調べ、準備を行ない意味のある事業承継を行ないましょう。