お金と時間の節約を。
10:00~19:00(月~土)

相続のよくある質問

おはようございます!
姫路市西庄で税理士をやっている秀平和康(ひでひらかずやす)です。
今日は相続のよくある質問についてお話していきたいと思います。

始めに

税理士という職業をやっていて、今までたくさんの遺産相続に携わってきました。

遺産相続でよくいただいた質問をまとめてご紹介したいと思います。

少しでも相続に関心のある方の参考になれば嬉しいです。

起業のよくある質問

【Q1】
遺言書がない場合はどうなりますか?
【A1】
遺言書が見つからない、作成されていない場合には、法定相続人が被相続人の遺産を相続します。

【Q2】
相続登記を放棄した場合はどうなりますか?
【A2】
2021年4月に、「相続登記を義務化する」改正法案が可決されました。
過去の記事をご参考ください。相続登記の義務化

【Q3】
相続放棄とはなんですか?
【A3】
相続の中には借金も含まれます。そういった場合などは、相続の権利を放棄することが可能です。

【Q4】
相続人は誰になりますか?
【A4】
配偶者は常に相続人となります。
子供がいれば子供と配偶者。配偶者1/2・子供1/2(第1順位)
子供がいない場合には、配偶者と被相続人の親。配偶者2/3・子供1/3(第2順位)
子供も被相続人の親もいない場合には、配偶者と被相続人の兄弟姉妹。配偶者3/4・兄弟姉妹1/4(第3順位)また兄弟姉妹が亡くなっていた場合は甥姪。

【Q5】
所在不明な相続人がいる場合は?
【A5】
相続分割協議は相続全員分の同意が必要です。しかし、失踪宣告制度や不在者の財産管理人制度を利用すると申告可能です。

最後に

相続は前もって準備することが大切です。
お困りの方はいつでもご相談ください。